ヒプノセラピーとは関係のないお話し

たまには、ヒプノセラピーとは関係のない話をしてみますね。

最近、江島直子さんという方のYoutubeで、龍神と人が西側(九州)へ集まっているという動画を見ました。最近、長崎の空に毎日のように龍神雲を目にします。なるほどそれでだったのかと納得していたのですが、でもなぜ今そうなっているのか、知りたいと思い、私の妻に龍神さんにチャネリングしてもらいました。

その一つの理由が、現在の西側の情勢をみると、先ず尖閣諸島への中国進出、台湾情勢やアジアの不安要素がたくさんあります。特に、中国の動きは、日本にとって脅威となっています。そこで、日本の龍神さんたちが西側に集結して、それを阻止するべくエネルギーを集めているとか。実は、歴史を見ると同じ事が日本では起こっていたのです。それは、13世紀の蒙古襲来です。その時は、2度にもわたる台風のおかげで災難を免れましたが、龍神さん曰く、その時やはり龍神さんたちが働き、台風を起こしたとのことです。さすが、日本は龍神の国です。日本人は、龍神さんとの関わりは昔からありました。今でも日本のために働いておられます。因みに私の指導霊は、白和龍王、金龍、九頭龍大神です。みんな箱根の龍神様です。

何故って?それは、私が箱根の龍神社を訪れた時に始まりました。

この話は、長くなるのでここまでにしておきます。皆さんも、神社に行かれる際には、ぜひ龍神さんにもお礼をお伝えください。どの神社にもおられますよ。龍神さんは、神様の乗り物みたいな存在ですから。神社には登り龍と下り龍の彫り物があるでしょう。

下の写真は最近撮ったものです。鳳凰の写真もあります。

一番最初の写真は、数キロにもおよび、ゆっくりと東へ移動されてました。

因みに一番最後の写真は、東京都檜原村の九頭龍神社に行った帰りに撮った龍神さんです。












5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示